私が撮影で使用する機材の感想を紹介するページです。

 
  
【夏の妖精】 
 
Canon EOS 5DsR /EFマクロ100mmf2.8 USM
絞り優先AE(f4,1/250,+2Ev)/ISO500/WB太陽光/
マーキンスQ10i自由雲台使用

マーキンス自由雲台使用の感想

 

レンゲショウマは「夏の妖精」と呼ばれる可憐な花です。
東京の御岳山(みたけさん)には群生して咲く。
花の見ごろの期間は短く、しかも この花は下を向いて咲き、華やかさは感じられないのですが、やさしい上品な色彩と花の姿に多くのファンを持つ花である。
今年は花が咲くのが例年より遅れていて、訪れたときには満開を過ぎてしまい花が少ない中からきれいな花を選ぶという撮影となった。
 
この撮影でもっとも便利に感じたのが自由雲台。
地面にしゃがみこむ姿勢で花を見上げるのはとてもつらい。
手持ちでは風がやむのを待ち、花が静止するまでの姿勢が大変。
三脚で固定して撮影するのがベストである。
自由雲台は簡単にカメラの角度調整ができ構図を決めるにもピント合わせにも大変便利であった。
特にこのマーキンスの雲台は使いやすい。
固定ノブでカメラの位置を固定するとしっかりと安定して固定でき、撮影するストレスがない。
このことは撮影に集中できる最高の利点です。
 
三脚は、歩くことも予定して中型カーボン三脚。
この雲台を付けての移動はとても軽く感じて楽であった。
 
わずかな風でも揺れるかよわい花の撮影。
写真のピントはとても重要、そんな時には三脚使用の撮影をお勧めします。
              (2019年9月6日 撮影)
 
 
 
 マーキンス雲台のサイトは下記からご覧ください。
 
 
  ----------------------------------------------------------------------------------------------------
作例 :EF100-400mmf4.5-5.6L IS Ⅱ USM
マーキンスQ10i自由雲台使用