写真の詩 Poetry of a photo

写真にはドラマがあり詩がある
 
白い虹

群馬県野反湖

白い虹が架かった。
1秒後には青空に溶け込むようにすぐ消えた白い虹。
あなたは何者?
 
朝は一面に立ち込めていた霧が動き始めたのは東の空にぼんやりと太陽が見えてから。
霧の動きは早い。
あっという間に空には青空が広がり、ニッコウキスゲの咲く大地から霧は遠のいて消えてゆく。
最後まで残っていた霧が草地から浮き上がったと思ったら白い虹になった。
 
夢幻の瞬間。
 
霧がなくなると夏の太陽が強いコントラストを届けてきた。
今日も暑い日になりそうだ。
 
2018年7月15日 群馬県野反湖にて

 

 
  -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 
 

夕焼け

長野県志賀高原

夕焼けの赤い空はいきなり現れた。
すこし前、空を見ていて今日は夕焼けにはならないだろう?
との予測は見事に外れた。
 
赤いね、雲が焼けているね。
 
情熱的な空の色は暗闇を作り出す前のまさに舞台のカーテンコール。
華やかな拍手に誘われて出てきたみたいだ。
 
夕焼けはわずかな時間でも心がときめく。
ず~と見ていたいが赤い色はすぐに色あせる。
 
消えゆく夕焼け、空はまた静かな時を迎えて暗い光へと変わってゆく。
やがて、月の目立つ漆黒の空になっていった。
 
長野県志賀高原  2018年7月17日

 

 
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 
 

山形県月山弥陀ヶ原湿原

霧の草原に伸びゆく一本の木道。
朝日がぼんやりとした光でその道に誘う。
 
ひとり立って見つめていると冷気が頬に吹きかかり、
霧の粒がゆるやかに横に波打って流れる。
もしかしたらここは現世とは違う場所かもしれない。
ふとそんな不安を感じてくる。
 
この木道を歩いて行くとあの空との境では何が見えるだろうか?
ただ見つめていたのは、しんみりとした空気感が歩みを進めることにためらいを感じていたから。
 
太陽は霧に覆われてはまた鈍く光る。
 
思い切って一歩踏み出すと、木道がきしむ音で迷いが振り払われた。
さぁ太陽に向かって歩んでゆこう。
 
山形県月山弥陀ヶ原湿原  2010年8月2日

 

 
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 
 

鳥海湖

山形県鳥海湖

東北の名峰、鳥海山にある鳥海湖。
チョウカイアザミやハクサンフウロ、ニッコウキスゲなどの花が咲いている。
草原の傾斜地には白い残雪。
真夏なのに暑さはなく、冷たく感じる風が吹く。
 
朝は晴れていたのに登ってきたら霧が遠くの山を包み始めた。
山を登ってくる霧の速度は早い。
あっという間に遠くの景色は白く霞んでしまった。
 
鳥海湖を見下ろす草地には清楚に咲いている花がある。
その彩りに息をのむ。
花の色がとてもきれい!
 
美しい花に出会えた喜びで登ってきてよかったとしみじみ感じたのです。
  
山形県鳥海山御浜付近  2011年7月31日

 

 
 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------